toggle
2019-01-26

インフルエンザなって気づいたこと②(お店編)

さて、10年ぶりにインフルエンザになってしまった私。

店を始めてから、初めて!!私が1週間行けない。事態になりました。

 

せっかくの1周年の準備はできているのに!

私がいけないなんて(涙)

 

と、ホント落ち込みました。

 

でも、今思うと

「インフルエンザじゃないとダメだったな」

 

私はちゃんと自宅謹慎期間がないと休めない人。頼れない人だったんだと気が付きました。

今まで風邪や怪我については、限界まで無理をして…店に出ていました。マスク姿の私を見たお客さんも多いのでは?

 

そう、私は自分で1人やりきることが責任だと思っていまし、人を頼るのが苦手でした。

 

なので、ここぞ!の時のインフルエンザ。しかも、このタイミング!

 

1月からのカフェスタッフが私を含め3人となり、新体制のスタートでしたが、いつから2人に委ねたらいいか迷っていました。

スタッフ2人にとっては、思っていたよりは早く、急遽となってしまいましたが..

 

事情を話すと2人から「やってみます。」と答えをもらえ。

電話連絡をしながらも、2人で店を切り盛りしていってくれています。

 

2人にとっては、大変な1週間になってしまったことですが、

きっと乗り切った自信も大きいと思います。

 

この2人

おうちcafeモモ百舌鳥店からの古株スタッフ金山さん・白鷺店からの新株スタッフ本間さん

2019年おうちcafeモモ白鷺店はこの2人を核に営業していきます。

みなさま、たくさんの応援を宜しくお願いいたします。

 

えべっさんから、この2人に任して大丈夫!って太鼓判をもらった気分です。

(左から本間さん・FCURA大谷さん・金山さん・私)

 

こんな思い切った形は

私がインフルエンザにならない以外は

できなかったと思います。

 

乗り切った2人に心から感謝して、おうちcafeモモを任せていこうと思いました。

 

 

これからも

日常の中から・・

何かの思いがけない事態から・・

自分がどう感じ、動いていけるか。

その1つ1つを丁寧に、大切に積み重ねていきたいと思います。

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA