toggle
2019-03-25

【ママの座談会】「自分の時間」、どう過ごしていますか?

子育て、家事、仕事…一日の多くの時間をやらなければいけないことに費やし、疲れてしまう毎日…自分のための時間が欲しい!好きなことをやりたい!みんな、どうやって自分の時間をつくり、どんなことをしているんだろう?

4月の座談会は、幼・小・中学生の子どもをもつママに集まっていただき、モモのおやつとお茶を楽しみながら、「自分の時間」についてお話を聞きました。

【4月のおやつ ~ おすすめのハーブティーと一緒に】

❁いちごと金柑のふわふわシフォン

 

❁春のデトックスハーブティ (7種のハーブブレンド)

  ケーキとハーブティーの詳しい説明はこちらをクリック→

 

【参加者】

Kさん  :中学生2人、小学生低学年1人のママ

Sさん   :小学生低学年1人のママ

Naさん:幼稚園児1人のママ

Niさん :幼稚園児1人のママ

 

あなたにとっての「自分の時間」とは?

「自分の時間」と言っても、そのとらえ方は人それぞれ、いろいろな考えがあると思います。
「自分の時間」=家族がいない間に1人でリラックスできる時間、
「自分の時間」=1人でも、誰かと一緒でも、趣味など自分がしたいことをできる時間、などなど。あなたにとっての「自分の時間」とは、どんな時間のことですか?

Kさん:
私にとっての「自分の時間」は、「お母さんじゃない時間」です。
今は、上の子達も中学生になり、以前に比べると子育ても落ち着いてきましたが、まだ子ども達が小さくて手が離せない頃、「子どもの面倒はみとくから、どっか行ってきたら?」と言ってもらっても、一人で喫茶店に行くのも苦手で…当時は専業主婦だったので、「養ってもらってる」という後ろめたさがあって、自分のためにお金を「浪費」するという抵抗感や、見えない罪悪感みたいなものがあって…だから、私にとっては「お母さんじゃない時間」が「自分の時間」です!

Sさん:
Kさんの話、すごく共感できます。常に「いいお母さんで」、「いい妻で」…こっちはそうも思わないけど(笑)。そういうしがらみにとらわれている、というか…。家族のこと、家事、育児にとらわれない時間、そんな時間が「自分の時間」かなあ。私は昨春まで仕事をしていたんですけど、私にとっては仕事をしているときが本当の自分でいられる時間ですね。

Naさん:
私は、昔のドラマや映画を観て思い切り泣いたり、「一人カラオケ」で思い切り歌ったり。そうやって「発散」できる時間が「自分の時間」です!

みんな:
すご~い‼一人でカラオケかあ‼(詳しくは後ほど…)

Niさん:
私はもともと細かいことに集中したいタイプ。一人になると裁縫をしたり、アクセサリーを作ったり。そんな時間が「自分の時間」。だからと言って、「ああ、子どもが学校から帰ってくるわ~」「(子どもの相手するの)しんどいわ~」とは思わない。子どもといる時は、子どもと遊ぶ!どちらも、今、自分のしたいこと。子どもがいる時、いない時で切り替えて過ごして、日々を楽しくできたら、と思っています。

「自分の時間」、何をして過ごしていますか?

Kさん:
朝は、家族が出勤・登校したら「自分の時間」です。コーヒーを飲みながら、ゆっくり新聞を読むのが好き。朝ごはんもそれまで我慢してる(笑)。あとは、韓流ドラマのビデオを観たり。最近ようやく一人でコメダでコーヒーを飲めるようになった!「すごいな自分!」って思います(笑)。夜は、風呂上がりに外のベランダに出て、一人でぼ~っとするのが好き。休みの日にダンナが子どもをみてくれる時は、一人で半日、スーパー銭湯の露天風呂でぼ~っとするときもあります。

Sさん:
昨春まで仕事をしていたので、その間できなかった子どもグッズを片付けたり、メルカリで売ったり…。家の庭も閑散としていたので、ガーデニングをまめにやるようになりました。家の片付けでは、収納用品を買うのではなく、家にある空き箱や牛乳パックを利用することで、自分もすっきり、家族もすっきり。自分のリフレッシュとしては、一人で映画を観に行くことも。子どもが生まれるまでは、1人でカフェやランチに行くのも好きだったけど、今は全然楽しくなくなった。脳が家族につながっているんやろなあ…と思います。

Naさん:
私は、携帯で昔のドラマや映画…恋愛ものなどを観て、思い切り泣いてすっきりします。また、月に1度行けたらいいほうだけど、「一人カラオケ」へ。朝、子どもを幼稚園に送ったらその足でカラオケに並んで…時間フリーで入って、15:00にお迎えに行くまで一人で思い切り歌います。その日は、おうちのことは何もせずに(笑)。
家では、私も子どもの物をメルカリで売ってます。作業にまる1日かかることも。

Niさん:
私もメルカリやってみたいと思うけど、やり方を知らないから、結局リサイクルショップに持って行ってしまう。やり方がわかって1回目のハードルを越えられたらいいなあと思うけど。

Naさん:
売る物の写真を撮る時には、自然光のもとで、置く場所の状態にも気を配ったり…手間はかかるけど、サイトでの「評価」が上がるし、売れたら楽しい!毎日のように発送することも。
「自分の時間」、ぼーっとするのも好きだけどなあ。

Niさん:
私は、ぼーっとするより、常に動いていたい(笑)。子どもの小さくなった服を人形の服に作り替えたり、テレビで見た便利そうな物を「作れないかな」と考えて作ったり。型紙もなしで、その時の思い付きで作っちゃう。例えば、透明のフェイスカバー付きレインコート。ネットで見たら何千円もしたので、「あの透明の材料さえあれば…」って考えて、百円ショップのレインコートに百円ショップの透明プールバッグを切って縫い付け作りました。ママ友にも好評で、今子どもはサイズアップして作った2着目を着ています。人気の家具を真似て、ニトリやコーナン、百円ショップの物で考えて、我が家に「シンデレラフィット」の家具を作ったりも。

Kさん:
生活が楽しそう‼

Sさん:
その発想がすごいよ!そのアイデア、ネットで発信したらきっと人気になるよ!それで起業もできちゃったりして!

Niさん:
歳かなあ~、毎日そんなことしてたらきっと疲れちゃう(笑)。「子どもが喜んでくれる!」「作れたんやー!」ていうのが楽しい。自己満足の世界。自分で「やったー!」ていうのが楽しいんです(笑)。

Sさん:
そう言えば、子どもが2歳くらいの頃に、アンパンマンの指人形作ってたよね!絶対時間ないのに、クオリティー高いの!

Niさん:
私の母も裁縫が好きで、布やフェルトを母からもらったものがまあまああって。夜、子どもが寝てから、2~3日かけて15体くらい。子どもが喜んでくれる!作ったもので楽しんでる!と思うと嬉しくて。

Naさん:
すてき~‼

Niさん:
自分は忘れていても、お友だちがそんなふうに覚えてくれていたら嬉しいですね。

「自分の時間」をつくるために、どんな工夫をしていますか?

Kさん:
子どもが小さかった頃、実家も遠いし、夫は外で仕事してるし、密室に子どもと3人…「なんで私ばっかり…」と究極にストレスたまってたなあ。「自分の時間」をつくることもできなくて、唯一夫が早めに帰宅したときに子どもを預けて、閉店間際のお店で買い物をしてストレス発散…。
でも、子どもが中学生になったら、お母さんはいらなくなるんですよ。逆に今、「自分の時間」を楽しく過ごせるように、これからどうやっていこうか考えているところです。夫との付き合い方もあるし…(笑)。

Sさん:
私は昨春まで、週4日仕事をしていたので、早く家事をする習慣はできていて…。できるだけ、朝8:30~9:00までに家事を終わらせて、自分の自由になる時間をつくります。計画を立てるのが好きなので自分の時間割をつくって、子どもが6時間目まである日は1日がっつり片付けをするとか、献立を3~4日分考えておいて買い物をする日も決めておきます。子どもの病気とか、夫に用事を頼まれると計画通りにはいかないときもあるけれど、段取りを組んでやっています。
Kさんもおっしゃっていたように、子どもってすぐに手を離れると思うんです。その時に自分の人生がどうなるか恐怖もあります。

Naさん:
だよね。先のことも考えないとね。
私も、これだけはしてるかな…っていうのは、食材を前もって切って冷凍・冷蔵保存しておいて、あとは炒めるだけにしておく。これは私の母もやってたので。
あと、片付けもダラダラいろいろするよりも「今日はここだけ片付ける」って決めて、本当にここだけ片付ける。

Niさん:
私は、後で楽をしたいタイプ。後でいかに自分が楽できるかを考えて、先に取り組んでいます。子どもにも、小さい時から「これはここに片付けるんだよ」「使い終わったらすぐに片付けるんだよ」とすごい先を考えてレクチャーして言い続けてきたので、今では自分でやれます。朝は、子どもが朝食のパンを食べたらすぐに掃除機をかけて、洗濯だけしたら家は片付いています。掃除機もさっと取れるように、テレビ横にコードレスの掃除機を充電して置いています。そうすることで、家事にとらわれないで「自分の時間」を持てるようにしています。

Sさん:
Niさんのおうちは、いつ行ってもきれいに片付いてるよねえ。うちの子は何回言ってもむりだあ。

Naさん:
なかなかできないよねえ。

Niさん:
そのかわり、私はみんなみたいに料理の作り置きとかはできないねん。たぶん興味がないからかなあ(笑)。料理も効率良くできたらいいけど、料理だけは毎日考えてやってます。

今後、「自分の時間」に、どんなことにチャレンジしたいですか?

Kさん:
私は海育ちなのに泳げないんです。田舎に帰ったときに自信をもって泳ぎたい!(笑)だから、プールに通いたいなあと思っています。そして泳げるようになったら、前に見つけた素潜りの1日講習にも行きたいです!あと、子どもがギターをもらってきたので、ギターも習いたい!

Sさん:
昨秋、ある試験を受験したんですが不合格でした。将来、いつかなれたらいいなと思う仕事につながる勉強なので、合格するまで頑張ろうかなと思っています。また、5月くらいから、給料をもらえる仕事をしたいなと思っています。庭のDIYも本格的にやりたいです。

Naさん:
私はここ2~3年、こんまり(近藤麻理恵)さんみたいな、家を片付ける勉強をしたいと思って本を読んだりしています。講習や試験も受けて資格を取りたいなあ。将来は、仕事にできたらいいなあと思っています。

Niさん:
私は数か月前から、ハンドメイドのアクセサリーを作るようになったので、いつか販売もしてみたいなあと思っています。今はお店やサイトで、石や金具などのパーツを集めることに夢中になってて(笑)。この冬はファーが流行っていたのでパーツをいろいろ組み合わせて作ってみたら、お友だちも「いいな~」と言ってくれたので、少しずつお友だちにあげたりしています。妹に試作品を見せると、「ほしい!」とか「へ~」とか反応してくれるので、その反応を見てデザインを考えています(笑)。
また、最近は、子どもも「チクチクいっしょにやりたい!」と言い始めたので、一緒に楽しめたらいいなあと思っています。

[ ↑ Niさんの作品 ]

子どもの手が離れた将来の自分の人生をも見据えつつ、家事の効率化を図り、「自分の時間」を過ごす素敵なママさん達のお話でした。
自分の親が好きだったことや、していたことを真似ていたり、自分が楽しんでしていることが子どもに伝わっていたり、興味深いお話も…
今の「自分の時間」の使い方を考えることは、自分の人生を考えることでもあるんだな、と気づかされました。

(ライター:K)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA